お金持ちになった人6つの共通点 目からウロコ 5

成功者が口を揃える「お金よりも価値のあること」って? 5

では、もっとも基本的な部分に踏み込んでいこう。あなたは、なぜ成功してお金持ちになりたいのか。 お金持ちになってどうしたいのか。お金持ちになるということは、どういうことだと捉えているのか。

お金持ちになって、大きな家に住み、ブランド物の服を着て、高級外車を乗り回したいと考えている人もいるかもしれない。さらに加えて、若くてきれいなおねえちゃんをはべらせ、六本木のクラブで一本何十万円もするような酒をためらいなく開け、多くの人から尊敬の眼差しで見られることを夢見ている人もいることだろう。

スポンサーリンク

また、お金に不自由な老後を送りたくなくて、いまからお金持ちになる方法を見つけ出したいという人もいるかもしれない。単純に、お金があったほうが、ないよりも幸せに生きていけると考えている人もいるだろう。

おそらく、多くのお金持ちも出発点は、自分の欲望を満たすことだったに違いない。つまりいい物を食って、いい物を着て、いい家に住んで、いいクルマを転がして暮らせば、楽しい人生が送れると考えていたわけだ。

スポンサーリンク

まことにもってストレート。 成金の願望とはかくあるべきものである。しかし、すでに功なり名を遂げ、人がうらやむ資産を築いた成功者が語るところによると、そんな享楽的な欲望を実現することは、お金持ちになることの本質的な意味ではないことに気がつくらしい。

お金持ちになるということは、派手な生活をするよりももっと重要なことがあるというのだ。多くの成功者が共通して口にしているのは、「自由」という言葉である。お金持ちになるということは、「自由を手にする」ことなのだ。

スポンサーリンク

かの福沢諭吉は、「金銭は独立の基本なり、これを卑しむべからず」と言った。独立にはさまざまな意味があるだろうが、会社から独立するにしても、親元を離れて独立するにしても、夫と別れて独立するにしても、お金がなければやっていけない。

もっと下世話な例を持ち出せば、お金を持っていればイヤな上司に毎日小言を言われる必要はないし、好きでもない仕事にあくせくしなくてもいい。先立つものがあれば、「こんな会社辞めてやる」という選択もできるのだ。

スポンサーリンク

このように、自由とは他者から干渉されない独立した地歩の確立を可能にするものである。と同時に、もう一つの自由も獲得できる。それは、金銭的事情によって行動を規制しなければならない立場から脱するということである。

お金がなければ、やりたいことを我慢しなければならないときも多いだろう。これは大きなビジネスチャンスだと直感しても、資金がなければビジネスをはじめることはできないし、世界各地を旅して見聞を広めたいと思っても、お金がなければ近場の国内旅行にランクダウンせざるをえない。

スポンサーリンク

お金はチャンスを広げ、経験値を高める機会を与えてくれるのである。お金を手にした成功者たちは、そのことを実感した。 お金を手にすることによって、人に使われてイヤな思いをすることがなくなった。

自分の好きなことに躊躇なく踏み出すことができる。そして、さらなるステップアップのための経験を積み上げることもできる。「それに、ね」とあるお金持ちは言う。「お金があるとないとでは、精神的な余裕が違ってくる」。

スポンサーリンク

「考えてみたまえ。 今月の食費をどうやりくりしようかと頭を抱えている奥さんはイライラして旦那に当たり散らす」。「 旦那のほうは、家庭のために少しでも稼ごうと毎晩遅くまで残業して疲れ切っているから、これまたイライラして奥さんを怒鳴りつける」。

「これじゃあストレスがたまるばかりで、人生を楽しむなんてほど遠い」。「しかし、お金に余裕があれば、少なくともこんな不毛ないがみ合いは避けることができる」。「明日の生活の心配ではなく、来月の楽しい旅行のことを考えることができるんだ」。

スポンサーリンク

「私がお金持ちになっていちばんよかったと思うのはそこだね」。「 気持ちに余裕ができて、妻にも子どもたちにも、また他の人にも優しく接することができるようになった」。「いらないトラブルがない分、私の生活もハッピーさ」

さて、もう一度聞こう。あなたは、何のためにお金持ちになりたいのだろうか?

成功者が口を揃える「お金よりも価値のあること」って? 5

では、もっとも基本的な部分に踏み込んでいこう。あなたは、なぜ成功してお金持ちになりたいのか。 お金持ちになってどうしたいのか。お金持ちになるということは、どういうことだと捉えているのか。

スポンサーリンク

お金持ちになって、大きな家に住み、ブランド物の服を着て、高級外車を乗り回したいと考えている人もいるかもしれない。さらに加えて、若くてきれいなおねえちゃんをはべらせ、六本木のクラブで一本何十万円もするような酒をためらいなく開け、多くの人から尊敬の眼差しで見られることを夢見ている人もいることだろう。

また、お金に不自由な老後を送りたくなくて、いまからお金持ちになる方法を見つけ出したいという人もいるかもしれない。単純に、お金があったほうが、ないよりも幸せに生きていけると考えている人もいるだろう。

スポンサーリンク

おそらく、多くのお金持ちも出発点は、自分の欲望を満たすことだったに違いない。つまりいい物を食って、いい物を着て、いい家に住んで、いいクルマを転がして暮らせば、楽しい人生が送れると考えていたわけだ。

まことにもってストレート。 成金の願望とはかくあるべきものである。しかし、すでに功なり名を遂げ、人がうらやむ資産を築いた成功者が語るところによると、そんな享楽的な欲望を実現することは、お金持ちになることの本質的な意味ではないことに気がつくらしい。

お金持ちになるということは、派手な生活をするよりももっと重要なことがあるというのだ。多くの成功者が共通して口にしているのは、「自由」という言葉である。お金持ちになるということは、「自由を手にする」ことなのだ。

スポンサーリンク

かの福沢諭吉は、「金銭は独立の基本なり、これを卑しむべからず」と言った。独立にはさまざまな意味があるだろうが、会社から独立するにしても、親元を離れて独立するにしても、夫と別れて独立するにしても、お金がなければやっていけない。

もっと下世話な例を持ち出せば、お金を持っていればイヤな上司に毎日小言を言われる必要はないし、好きでもない仕事にあくせくしなくてもいい。先立つものがあれば、「こんな会社辞めてやる」という選択もできるのだ。

スポンサーリンク

このように、自由とは他者から干渉されない独立した地歩の確立を可能にするものである。と同時に、もう一つの自由も獲得できる。それは、金銭的事情によって行動を規制しなければならない立場から脱するということである。

お金がなければ、やりたいことを我慢しなければならないときも多いだろう。これは大きなビジネスチャンスだと直感しても、資金がなければビジネスをはじめることはできないし、世界各地を旅して見聞を広めたいと思っても、お金がなければ近場の国内旅行にランクダウンせざるをえない。

スポンサーリンク

お金はチャンスを広げ、経験値を高める機会を与えてくれるのである。お金を手にした成功者たちは、そのことを実感した。 お金を手にすることによって、人に使われてイヤな思いをすることがなくなった。

自分の好きなことに躊躇なく踏み出すことができる。そして、さらなるステップアップのための経験を積み上げることもできる。「それに、ね」とあるお金持ちは言う。「お金があるとないとでは、精神的な余裕が違ってくる」。

「考えてみたまえ。 今月の食費をどうやりくりしようかと頭を抱えている奥さんはイライラして旦那に当たり散らす」。「 旦那のほうは、家庭のために少しでも稼ごうと毎晩遅くまで残業して疲れ切っているから、これまたイライラして奥さんを怒鳴りつける」。

スポンサーリンク

「これじゃあストレスがたまるばかりで、人生を楽しむなんてほど遠い」。「しかし、お金に余裕があれば、少なくともこんな不毛ないがみ合いは避けることができる」。「明日の生活の心配ではなく、来月の楽しい旅行のことを考えることができるんだ」。

「私がお金持ちになっていちばんよかったと思うのはそこだね」。「 気持ちに余裕ができて、妻にも子どもたちにも、また他の人にも優しく接することができるようになった」。「いらないトラブルがない分、私の生活もハッピーさ」

さて、もう一度聞こう。あなたは、何のためにお金持ちになりたいのだろうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする