マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドは世界最大の財閥を築いた人です



マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド

■アブラハムのイサク生贄(Abraham Sacrificing Isaac)1650年

このアブラハムが率いる部族が、ヤハウェ神からのお告げにより、肥沃な三日月地帯を東から西へと大移動し、約束の地カナンに入ったのは、紀元前2000年から紀元前1500年頃のことで、彼らは河(ユーフラテス)の向こうからやってきたという意味を持ち、外来の遊牧民を指す「ヘブライ人」と呼ばれました。

スポンサーリンク

イスラエルを建国してからはイスラエル人と呼ばれ、ソロモンの死後、イスラエルは北イスラエル(10支族)と南ユダ(2支族:ユダ族、ベニヤミン族)に分裂し、北イスラエルの10支族はアッシリアに滅ぼされ、10支族は日本に流れ着き天皇家の祖先となったという説もあります。

南ユダはバビロニアに滅ぼされ、2支族は捕囚されますが、バビロニアがペルシャ帝国に破れ、南ユダの2支族はイスラエルに帰還することができました。

以後、イスラエル人は、ユダヤ人と呼ばれるようになります。

今から、お話しする世界最大の財閥、ロスチャイルド家は、このユダヤ民族で、ドイツのフランクフルトにあるユダヤ人ゲットーで生まれた、マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド(1744-1812年)から始まります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする